This is an example of a HTML caption with a link.

Fuji不動産(ヤンゴン) Fuji Real Estateは・・・

ミャンマー不動産情報、続々追加中!
 ミャンマー不動産情報の取扱い件数は1000件以上!日本人スタッフが常駐しており、
日本人目線で快適な物件をご紹介させていただきます。

契約がスムーズ!しかも日本語で契約だから安心!
 面倒な海外での不動産手続きもFujiならスピーディかつスムーズにできます。

料金が格安、しかもすごくシンプル!
 不動産情報の紹介手数料は、ヤンゴンのローカル不動産屋さんとほぼ同じ価格設定です
ので、格安かつ安心してご利用いただけます。

オススメ 物件情報

  • アーロン地区 家具付コンドミニアム アーロン地区 家具付コンドミニアム
    26.4万円 3LDK
    YangonAhlone Tsp
  • レーダン地区 新築格安コンドミニアム レーダン地区 新築格安コンドミニアム
    9.5万円 3LDK
    YangonKamayut Tsp.
  • レーダン地区 新築お値打ちアパート レーダン地区 新築お値打ちアパート
    11万円 2LDK
    YangonKamayut Tsp.
  • ダゴン地区、美内装物件 ダゴン地区、美内装物件
    22万円 2LDK
    YangonDagon Tsp.
  • カマユ地区 コンドミニアム カマユ地区 コンドミニアム
    26万円 2LDK
    YangonKamayut Tsp
  • 家具付コンドミニアム 家具付コンドミニアム
    21.7万円 3LDK
    YangonMingalar Taung Nyunt
  • タムウェー地区 コンドミニアム タムウェー地区 コンドミニアム
    17万円 4LDK
    YangonTarmwe Tsp
  • バハン地区 コンドミニアム バハン地区 コンドミニアム
    17万円 2LDK
    YangonBahan Tsp

ビジネスチャンス溢れるミャンマーで夢を実現しよう!

住居に関しては当社で社員寮を用意しており、就労内容によっては給料報酬の支給もあります。ミャンマーでビジネスに挑戦する事が可能です。
インターンシップ生募集

高まるミャンマーの魅力! なぜ今ミャンマーが投資先として注目されているのか。

 ミャンマーは、2010年の総選挙を経て、2011年に長年続いた軍事政権よりテイン・セイン大統領による民政に移管し、いま急速に発展しており、経済発展を見込んだミャンマー投資は非常に盛んになっています。
 なぜ今ミャンマーなのか。ミャンマー投資における魅力としては、以下の点が挙げられます。

  1 地政学的優位性
 ミャンマーは、地政学的に非常に重要な場所に位置しています。人口13億人の中国と12億人のインドの両国へ直接陸路でアクセスできる唯一の国であり(ネパール、ブータンも国境を接しているがヒマラヤが阻み、アクセスは難しい)、また、人口6億人のASEAN諸国の多くの国と国境を接し、31億人の市場の中心地にあること。
 そして東南アジアの西の玄関口となりうること。タイのバンコクから西へわずか約230km、インド洋に面するダウェイは、工業団地を含む港として開発されています。東南アジアからインド、更にアフリカ、ヨーロッパ市場への輸送の拠点となる可能性があり、非常に注目を集めています。

  2 豊富な資源
 ミャンマーは、天然資源が豊富で、天然ガスはアジアの中ではインドネシアに次いで2位の産出量を誇り、隣国のタイはほとんどの電力をミャンマーの天然ガスによって賄っている状態です。ミャンマーの天然ガスの予想埋蔵量は88兆7000億フィート。原油の予想埋蔵量は32億バレルと推定され天然資源国と言えます。
 また国土の半分は森林で占めてられており、チーク、紫檀などの質が良いため、林業は外貨獲得のための主要産業となっています。
 そして、農林水産業は国内総生産(GDP)の約50%を占め、人口の68%は従事しています。主に米、豆類、ごま、さとうきびなどが生産されています。海産物の漁獲量も多く、現在はタイ経由で販売されています。

  3 安価で優秀な人材
 ミャンマーは、人口5200万人を有し、人口に占める若年層の割合が高く、若い国です。そして国民の識字率は91.7%を誇り、近隣諸国と比べても勤勉で学習能力に優れています。にもかかわらず、人件費は、大変低く抑えられており、安価な労働力を確保することができます。
 ミャンマー人は熱心な仏教徒が多く、あまり自己主張をせず、相手を立てて皆で円滑に物事を進めようとする国民性であり、加えて手先が器用で真面目であり、日本人との共通点が多くあります。
 またASEAN諸国の中でも相対的に市場が未発達であるが故に、市場として見た場合も、大きな可能性を秘めた国といえます。進出する企業にとってみれば、先行者利益を獲得できる可能性があり、非常に有望な市場です。

   ミャンマーは、長らく軍事政権下にあり、経済制裁の影響で経済発展が遅れていましたが、これら本来の魅力が評価され、いま世界中から多くの「ヒト・モノ・カネ」がミャンマーに投資されています。

支店紹介

ヤンゴン本店 ≪Yangon Head Office≫  Tel +95(0)9-453067351 ・ +95(0)9-453067352
205, Yuzana Tower 3F, Shwe Gone Daing, Bahan Township, Yangon

タンリン支店 ≪Thanlyin Office≫ Tel +95(0)9-421111731 ・ +95(0)9-31357468
Kyeik Khout Pagoda Road, Aung Chan Thar(3) Ward, Than Lyin, Yangon