ミャンマー不動産情報  マヤンゴン地域

マヤンゴン地域(Mayangone Township)は、ヤンゴン中心部から北部にあり、北側はインセイン地域とミンガラドン地域、東側は北ダゴン地域とヤンキン地域、南側はカマユ地域とライン地域とバハン地域、西側はHlaing川を挟んでラインタヤ地域があります。Hlaing川にはBayint Naung 橋が架かっており、ラインタヤ地域に通じています。地域の中心部をヤンゴン環状鉄道が南北に走っています。マヤンゴン地域の広さは、25.34平方キロメートル、人口は、137,000人(2000年)を有しています。小学校が30校、中学校が7校、高校が5校あります。
マヤンゴン地域には、Aung Shwebontha Dhamma Beikman Monastery(僧院),Kaba Aya Pagoda寺院、Kyaik Kale Pagoda寺院、Kyaik Waing Pagoda寺院、そしてSt.Edward’s Romanカトリック教会、St.George’s Anglican教会などがあります。
マヤンゴン地域には、Okkalaゴルフクラブ、Myanmarゴルフクラブなど2つのゴルフ場、ゴルフ練習場、スポーツジム、そして南部に位置するInya湖のほとりにはスイミングプールやテニスクラブなどの施設が立地しており、とても有意義な時間を過ごすことができます。
マヤンゴン地域には、Yadanadonアートギャラリー、公園やアミューズメントパーク、Agricultural Mechanizationデパートがあります。Min Dhama Streetにはミャンマー・コンベンション・センター(MCC)という名の大型多目的ホールがあり、多くのイベントが開催されています。
マヤンゴン地域には、大韓航空やミャンマー航空のオフィス、Hondaのカーショールームがあります。また国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが、マヤンゴン地域に拠点を置いており、ミャンマーの子供のために、色々な活動を行っています。
マヤンゴン地域の西部には、シューズ工場や革製品の工場、ウール製品工場などの小規模な工場が密集しており、軽工業の街としての一面が見られます。

マヤンゴン地域の不動産価格は、13×50平方フィートのホールタイプのアパートメントが約25万円、25×50平方フィートのホールタイプのアパートメントが約43万円、30×50平方フィートのコンドミニアムが約210万円で購入でき、賃貸になると、25×50平方フィートのマスターベットルーム付きのアパートメントが約5,000円となっています。
75×100平方フィートの2階建て鉄筋コンクリート住宅が約500万円、60×100平方フィートの2階建て鉄筋コンクリート住宅が約1200万円で購入でき、賃貸になると、25×50平方フィートの2階建て鉄筋コンクリート住宅が約20,000円となっています。